いつもご来店ありがとうございます。

本日はあいにくの雨となりましたが、ようやく梅雨らしいお天気ですね。

 

 

さて、本日カフェきらめきでは、ボランティア林妙子さんによる「防災」についての講話がありました。

地域の方が20名ほど参加され、熱心にお話しをきいていらっしゃいました。

 IMG_1414.JPGのサムネイル画像

「三種の神器」と呼ばれているそうですが、牛乳パックで作った小物入れ(ひも付き)に、メガネや薬など

個人的に必要な日用品を入れて枕元にかけておくと、いざと言うときに素早く持ち出せるとのこと。

当たり前のことのようですが、これが咄嗟には難しいのでしょうね。

日常の「ちょっとした工夫や備え」(とりあえず簡単にできること)から始めることが大切なのだと感じました。

 

防災食として当園でも備蓄している「羊かん」を試食させていただきました。これは5年保存が可能な商品です。

柔らかいし甘いので、高齢者でも食べやすそうです。

参加者のおひとりは、早速購入してみたいとのことでパッケージを持ち帰られました。

 

 

「災害への備え」というのは、大切なことでありながらついつい後回しになったり、一回準備して終わってしまった

り…という方も多いのではないでしょうか。

天年会では、自施設はもちろん、地域の方とも一緒に防災について考えていきたいと思っています。

これからもしっかりと取り組んでいきますので、ぜひご理解とご協力をお願いいたします!

 

地域福祉推進室 担当者