リハビリ機器の定期点検を行いました。

 

基本的に、常に稼働している機器なので定期的に各部のネジの増し締めや、ベルトの張り具合、その他損傷部位の確認などが必要と思われます。

 

今回は、運動機器の点検を行いましたので、また次回は物理療法機器を確認できればと思います。