脚は第二の心臓です♡

なぜなら、歩く度に血液を心臓に送ってくれるポンプなのです!!

血液は心臓というポンプによって身体の中を循環しています。心臓を中心として送り出される「血液を運ぶ血管」を動脈・反対に心臓に戻る「血液が通る血管」を静脈といいます。

血液の場合、渋滞が起こり易いのは静脈で、特に太ももから下の脚部は、心臓から遠く下の方にある為一番渋滞が起こりやすい部分なのです。

歩く運動は「ふくらはぎ」の筋肉運動で、下半身にたまった静脈血液を心臓に押し上げる作用を促進し、脚の血行を高めます。そして、からだ全体の血行を活発にします。

しかし、充分な運動を出来ない透析患者さんには、下肢のマッサージやドクターメドマーを用いて運動の役割を果たしています!

マッサージは、血液の慢性的渋滞部分ともいうべき下肢静脈血の心臓への還流促進にすぐれた効果を発揮します★

また、ドクターメドマーを使う事により静脈に空気圧を加えて圧縮し、血液の循環を促進させます。

下の写真は、ドクターメドマー(空気圧による下肢の浮腫改善・血流改善・マッサージの機械)を透析中に行っている患者様です♡

これは、スタッフが使っても脚の浮腫や重さが取れて最高でした( ¯꒳¯ )b✧